挨拶・弁護士紹介

この度は,弊所の援交・淫行トラブル弁護サイトをご覧いただきまして,誠にありがとうございます。

援交・淫行トラブルという言葉は法律上のものではありませんが,児童買春罪,淫行の罪を始めとして,これらに関連する児童福祉法や出会い系サイト規制法違反,児童ポルノ所持などをまとめて便宜的に呼んでいます。

児童買春は減少傾向にありますが,それでも平成27年度の送致件数は728件になります。これとは対照的に,児童ポルノ事件は増加傾向にあり,平成27年に送致件数は過去最多の1938件でした。児童買春や児童ポルノで逮捕されたというケースは後を絶ちませんし,著名人の淫行報道は各種メディアで大きく取り上げられます。

援交・淫行トラブルがなくならないのは,物理的にも心理的にも犯行を容易にする土壌があるためです。日々進化し続ける通信技術は,便利である反面,トラブルも引き起こします。スマートフォン一つで手軽にインターネットに接続ができる現在,出会い系サイトや無料トークアプリを始めとしたSNSで,児童・青少年にコンタクトをとることは簡単にできてしまいます。

もう一つの原因は,被害者が見えにくいことです。児童買春や淫行では,相手方となった児童・青少年が被害者とされます。しかし,暴力や脅迫を伴わず,時には児童・青少年から話が持ちかけられることも少なくないため,援交・淫行トラブルの犯罪性・悪質性を本人が自覚しにくい面があります。「つい魔が差した」という理由で援交・淫行トラブルを引き起こしてしまう可能性は誰にでもあり得ます。

しかし,援交・淫行トラブルはれっきとした犯罪です。メールや通話履歴が残っていたことで,本人も忘れた頃に警察官から取調べを受けることも往々にしてあります。細かな事実関係を思い出せないまま話してしまうと,実際よりも不利な供述調書が作られるおそれがあります。

逮捕ということになれば,長期間身体の拘束を受けることになり,失業するリスクがあります。起訴されて裁判になれば,たとえ罰金刑で済んだとしても,前科がつくことになってしまいます。

いざ援交・淫行トラブルを起こしてしまうと,「自分のしたことは犯罪になるのだろうか」,「警察官が来て逮捕されてしまうのだろうか」と,様々な不安に襲われます。内容が内容なだけに,周囲に相談しづらいのも事実です。しかし,放置していても事態は改善しません。すぐにでも法律の専門家である弁護士に相談することを勧めます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,援交・淫行トラブルでお悩みの方の味方です。弊所は刑事事件・少年事件を専門に扱う弁護士事務所として,実績豊富な所属弁護士・スタッフ一同によるサポートを行います。早期にご相談いただけるほど,充実した弁護活動を提供できます。援交・淫行トラブルでお悩みの方は,まずは一度弊所までご相談ください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所         
代表弁護士   則 竹 理 宇

 

 代表弁護士 則竹 理宇(のりたけ りう)

弁護士会  第二東京弁護士会
所属   刑事弁護委員会、犯罪被害者支援委員会、刑事弁護フォーラム
出身   千葉県
経歴   青山学院大学 卒業
 日本大学法科大学院 修了
趣味   サイクリング、落語、読書
座右の銘   Cool Head, but Warm Heart

 【略歴】 

私は、千葉県で生まれ育ちました。青山学院大学で英米文学を専攻し、文学を通じて人と人とが密接に関わる仕事に興味を持ち、弁護士という資格に魅了されました。

一から法律の勉強を重ね、日本大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。司法試験合格後、刑事事件を専門に扱う法律事務所に入所し、刑事事件、少年事件のみを取り扱ってきました。入所後まもなくして任された強姦事件では、ご依頼者の方が逮捕され、そのままでは会社をクビになって刑務所に入らなければならなくなる可能性が極めて高い緊迫した事件でした。私は、すぐに被害者の方のもとへ示談交渉に行き、何度も交渉を繰り返した末、示談を成立させることができました。結果、ご依頼者の方は留置場から釈放され、会社をクビにならずに社会復帰を果たすことができました。そこから本日まで数えきれないほどの刑事事件・少年事件を扱ってきました。

手がけた案件は、痴漢や盗撮や強姦などの性犯罪事件が多く、その他、飲酒運転や交通事故などの自動車事件、覚せい剤や大麻などの薬物事件、暴行や傷害などの暴力事件、詐欺や窃盗などの財産事件など多岐にわたります。また、裁判員裁判事件もいくつか手がけました。日本の裁判員裁判事件では、一般的に執行猶予判決を獲得するのはかなり困難といわれていますが、無事執行猶予を獲得することができ、ご依頼者の方は社会復帰されました。

得意分野は、「刑事事件ならどんな案件でも!」、という意気込みで弁護をしています。趣味は、読書と、映画やDVD鑑賞です。法廷ものやサスペンスが特に好きです。また、散歩によく出かけます。裁判前は散歩をしながら弁論の構成を考えたりします。頭がリフレッシュされていい考えが浮かんだりします。「勝訴の秘訣」とまでは言いすぎですが、私の一日で一番好きな時間かもしれません。座右の銘はイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言った「Cool Head, but Warm Heart」です。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー