児童買春と私選弁護人選任のタイミング

児童買春と私選弁護人選任のタイミングについて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

Aさんは、援助交際専用サイトで女子高校生Vさん(16歳)と知り合いました。AさんはVさんと会う約束をしましたが念のため年齢を確認しておこうと思い、Vさんに「年齢いくつ?」と聞くと、Vさんから「18歳」と言われました。Aさんは、「数日前の電話では、確かVさんが「今年の春に中学校を卒業した」と言っており、だとしたらVさんは「15歳か16歳」ではないか」と思いましたが、援助交際しても誰にもばれないだろうと思ってVさんと会うこと決めました。当日、Aさんは、Vさんとホテルへ行き、Vさんに現金3万円を渡してVさんと性交しました。ところが、後日、Aさんは児童買春罪で逮捕されてしまいました。

~児童買春・児童ポルノ禁止法~

児童買春・児童ポルノ禁止法は、正式には、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(以下、法律)」といいます。法律では児童買春、児童ポルノの定義の他、児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰などについて規定しています。
児童買春に係る行為の罪としては

・児童買春の罪
・児童買春周旋の罪
・児童買春勧誘の罪

があります。
児童ポルノに係る行為の罪としては

・所持罪
・保管罪
・提供罪
・製造罪
・運搬罪
・輸出入罪

があります。

まず、児童とは、18歳未満の男女のことをいいます(法律2条1項)。決して女性のみをいうのではありませんから注意が必要です。
次に、児童買春ですが、

法律2条2項
 (略)児童買春とは、法律2条2項各号に掲げる者(児童等)に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的欲求好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう)をすることをいう

とされています。
対償とは、児童が性交等をすることに対する反対給付としての経済的利益をいいます。よって、対償には現金のみならず、物品や債務(借金)の免除なども含まれます。供与とは与えることです。ただし、与える相手は児童に限られません。法律2条2項各号に掲げられた者(例えば、児童買春の周旋者や児童の親、監督者など)に与えることによっても児童買春は成立し得ます。性交等の意味は括弧書きで説明されています。性交だけに限られませんので注意が必要です。

児童買春の罪が成立するには、当該行為が児童買春であることの他に、行為者(Aさん)が相手方を児童(18歳未満の者)と認識しておく必要があります。ただし、認識の程度は確定的なものである必要はなく、未必的なもの(かもしれない程度のもの)で足りるとされています。Aさんの場合も、認識ありとされる可能性が高いです。

法律4条
 児童買春をした者は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する

児童買春をした場合、上記の法定刑の範囲内で処罰されます。なお、前科がなく、情状が軽い場合は罰金刑で終わることもあります。

~国選・私選弁護人の違い~

児童買春でも、一定の要件を満たせば国選の弁護人を請求することができます。
しかし、注意していただきたいのは、国選弁護人が選任されるのは、あくまで裁判官の勾留決定が出た後ということです。
つまり、勾留決定が出る前は、私選でしか弁護人を選任できないのです。

逮捕から勾留決定が出るまで最大3日間あります。たった3日間と思われるかもしれませんが、この期間は重要です。
まず、逮捕直後の接見で、逮捕された方の認否に応じたアドバイスと今後の弁護方針等をご提供できます。ここで対応を誤れば、その後の刑事処分に大きな影響が出かねません。なお、この期間のご家族の接見(面会)は法律上は認められていません。つまり、法律上、弁護人しか、逮捕された方との接見は認められていません。
次に、勾留決定が出る前から、警察官、検察官、裁判官に、逮捕された方を釈放するよう働きかけることができます。結果、裁判官の勾留決定前の早期釈放が実現できます。仕事、職場、家族のため一日でも早く戻ってきて欲しい、釈放してほしいという方は私選での弁護人選任をご検討ください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、児童買春をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。ご家族が痴漢で逮捕されたら、まずは、弊所の初回接見サービスをご利用ください。0120-631-881で24時間いつでも受け付けております。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー